2005年11月30日

favorite 5 「登場人物」

ダダダダ 第1位! ジャカ ジャン!

雲のジュウザ  『北斗の拳』

『北斗の拳』というコミックには賛否両論あるようですが、
いいキャラクターが続々と登場するんですよね〜。
単純に正義と悪とに分けられた、一面的で薄っぺらな戦いではなく、
それぞれのキャラが深い過去と思いをもっていて、読むものを引きつけます。
確かにザコキャラに対する扱いはひどいものもありますが…。

その中でも一番好きなのがジュウザ。
雲のように無頼に生きる様が、旅好きにはたまらないじゃないですか。
何ものにもとらわれず、その日その日を楽しく生きる。ああ、なんて素晴らしい!
しかもかなりの実力があるので、欲しいものも簡単に手に入る。う〜ん、羨ましい!

でも、それだけじゃつまらない。
そこで終わったら、ただの無頼者。

ジュウザには愛する人がいました。名前はユリア。
しかしそのユリアが腹違いの妹だと知り、結ばれぬ愛に深く悲しみました。
その悲しみは、生きる望みすら奪いました。
しかしユリアとの再会が、ジュウザに再び熱い血をたぎらせます。

本来なら何ものにもとらわれず、面倒なことには関わらず、
好きなように生きていた男。
そんな男が、愛する女のために命をかける。
まさに背水で挑んだラオウとの戦いでは、無残にやられてしまう。
あんなに強かった男が、腕一本すら取れず崩れ去る。
しかしそこがいい。
その姿が美しい。

自分の信じたもの、愛するもののために、
どんなに大変なことや、つまらないと思われるようなことにも全力で打ち込む。
それが本当のかっこ良さだと感じました。


posted by むぎわら at 23:42| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ジュウザ、かっこよすぎ。
『北斗の拳』のおけるスナフキン、と勝手に決め付けてるよ。
我流なのにめちゃくちゃ強いし、ラストの「拳王のクソバカヤロウ」という減らず口にシビレた。
ところで、順調に雪が積もってるね。
かなり寒いのかな?
Posted by マエダ at 2005年12月05日 20:24
かっこいい死に様ですよね…。

いや〜、こっちは寒いですよ。
冷える日はマイナス10℃くらいまで下がりますから。
でもまだ鼻毛が凍るまでには至っておりません。
ちなみに北海道では通常バナナでくぎは打てませんので、
お間違えのないようにお願いいたします。

Posted by むぎわら at 2005年12月05日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。